マスターCVの完成

昨日は1日かけてCV作成の準備。

管理人さんがよくマインドマップを作成するようにとおっしゃっていますが、
自分の経験の棚卸や興味ある分野について、講座受講時にまとめていたものが役に立ちました。

CVについては、じつは受講開始すぐに、いったん作っていたのですが…
あまり自信が持てず放置していました。
このことがずっと気になっており、昨日は時間かかってでもいいからやるぞ!と発起し、
ビデオ講座をもっとしっかり観れば、自信を持てるCVが書けるはず!と考え、
1.3倍速くらいでゆっくりとCV・トライアルに関係するビデオ講座を再度見ることにしました。
指示に沿って、翻訳環境等を自分なりにまとめ、
これまで読んだ明細書やこれから読む明細書リストをまとめて翻訳実績として書き出すことで、
自分の考えている方向性がより確かなものに感じられてきました。

夕方には完成し、無事に提出。

提出後指示のあった応募先リストも今朝作成完了。
(昨日同時進行でやっておけばよかったと若干後悔…)
ビデオ講座:1633_トライアル応募のための準備作業 が役に立ちました。

会社名と会社の分類(特許事務所か翻訳会社か)、担当分野、募集分野と合わせて、
以下挑戦順序も考えました。

A:3か月後トライアル開始時から狙っていく会社     11社
B:1件でも経験したら、申し込みたい会社        6社
C:興味あるけど、実績・内容的にまだ申し込めなさそうな会社 20社

あとは実力をつけて応募するだけ。

各社の担当分野の中でのマッチング(自動車部品の中の電子系なのかメカ系なのか等)
とかは考えなくて良いのかなって迷いもしましたが、上記ビデオ講座の中で
あまりマッチングは気にしなくてもよい。化粧品が得意と言っても、
ずっと化学・化粧品の案件が来るわけではないと言っていたので気にしないことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です