新年の目標と目標を立てるにあたって工夫したこと

遅くなりましたが、
皆さまあけましておめでとうございます。

もうとっくに正月気分は終わっているわ!
と言うお声が聴こえてきそうですが、私の正月は今日が3日目です。

半年前から年末年始は仕事で埋めるぞ!と考えて準備をし、
無事に仕事を頂き、4日に納品を済ませたのでした。

自分としては当初からの目標が達成でき、満足な年明けとなりました。

今日は自分へのお年玉として成田さんのイートモを購入しました。

●tanakaの1年の目標

そして新年と言うことで今年の目標を、
原田先生のマンダラチャートを元に作成してみました。


<一部拡大>

私自身約1年半、
自分で目標達成に向けて毎月の計画を立てて実行してきた中で、
達成できる計画とそうでない(orしにくい)計画があることに気付き、
都度改善をしてきました。
(毎回このチャートを作ってきたわけではありませんが…)

自分が達成することができた計画の立て方をふまえて、
今回、目標を考えるにあたって、
こだわって作成した箇所2つをご紹介したいと思います。

●実行に移しやすい計画

・習慣化したいものは、無理のない程度に抑える
(毎日ではなく、毎日30分など)
・定期的にかならず実行したいものは、日にちを指定する
(月1ではなく、毎月25日と決めてしまう)
・未発生の問題への対処などは、いつアクションを起こすのかを明確にする
(集中力が落ちたら、即対策など)

●メンタルも大事:自分に合った目標の言葉を選ぶ

大谷翔平選手の高校時代のマンダラチャートにも
「メンタル」と言った文字があるのですが、
スポーツに限らずフリーランスとして生き残るためにも
非常に重要な要素だと思っています。

私の場合は、
他人と比較して自分はダメだと思ってしまうことや、
逆に自分が正しいと思い込み過ぎて、
周りをもっと見れば良かったと後悔することがあるのが課題です。

主観ですが、こんな風に負の気持ちが溜まっていくと、
何か失敗したりしたり落ち込むようなことがあった時に
ダメージがさらに大きくなってしまうと感じていたので、
何とかしたいなと思っていました。

ただ「メンタルを強くする」と言った言葉だと
自分の中にしっくり来ませんでした。

そこで、自分がどういう状態であれば、
こう言った負のマインドを持たないでいられるだろうか
と考えた時に出てきたのが

心に余裕を持つ

でした。

メンタル強化」と書くよりも、
一発で自分に刺さる目標になったな、と自負しています笑

もちろん人によっては「心に余裕を持つ」だとダラけてしまいそうだ…
と言う人もいるかもしれないので、
自分に合った言葉を選ぶのが大事かなと思います。

と言うわけで、
今年の目標をすでに立てられた皆さんも、
もしまだであれば、
すでに立てた目標に日付を入れたり、
メンタルを安定させるための目標となる言葉を
さらに取り入れてみてはいかがでしょうか!

私も公開したからには頑張らないと!!

それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します

————————————————-
【原田先生の本】
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください