「徳」をどう訳すのか?

お茶屋さんで一緒にお話した
お茶屋の店長さんもまた
とんでもない方だった。

思わずお茶を飲むのを
忘れてしまうような、
そんな時間だった。

信頼できる人が周りにいない
と話すある相談者には、

「あなたはどれだけ周りから
信頼されていると言えますか」
と返したそうだ。

信用を得ること、信頼を得ること
と言うのは、
とても難しいことなのですよ、
と語る。

それぞれに都合があり、
力量があり、
時にミスも犯す。

でも、
それでも相手を信じて、
必要あれば手伝ってあげる、
協力してあげる。

そうすることで、
信用できる相手と言うのが
増えていくのですよ、と。

なんだか
継続してお仕事を下さっている
翻訳会社に
感謝の気持ちが湧いてくる言葉だった。

そしてお店を後にして、
新幹線の中で、
愛さんやその女性店長にまた会いたいな、
と思った。

以前読んだ、
同時通訳者として有名な松本道弘さんの
『超訳武士道』には、
「徳」と言う言葉が「magnet」と訳されている。

こう言うことか、と思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください