新嘗祭の今日、お米の味を噛み締める

新嘗祭の今日。
土鍋でご飯を炊きました。

新嘗祭は、
その年に収穫された新米を神々に捧げ、
天皇陛下がそれを召し上がると言う祭事だそうです。

田舎育ちだけど農業とは縁遠かった私。
なかなか感謝してご飯を食べる、
と言う習慣を持てていませんでした。

今日は改めて食事を頂けることに感謝し、
農家の方々の苦労に思いを馳せ、
愛おしいものと見立ててお米を頂きました。

何ヶ国語を学ぼうが、
何ヶ国に知人・友人がいようが、
何を仕事にしようが、
私は日本人なんだよなぁって
最近強く感じます。

こんな風に思えるようになったのも、
きっかけがありました。

きっかけについてはまた後日書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください