【ディベートのススメ】ハンコの必要性を主張せよ


オンラインアカデミアの企画で、
松本道弘先生と初めて1対1でお話した時に、
こんな問いを投げかけられた。

あるお客が銀行に行き、
今から1000万(1億とかでも良い)を振り込みます、
と言った。

でも、そのお客は実印を持参していなかった。

大口客であるが、
ハンコが無いだけで振り込めないことにイラついて、
自分の銀行を去ろうとしている。

あなたが銀行員であれば、
どのようにハンコの必要性を主張しますか、
と。

ええええええ!何その質問!

●ハンコの必要性を考える意味

は、何でそんな面倒なこと考えないといけないの、
と思った人もいるでしょう。

そもそも私、銀行勤めじゃないし、とか。

ハンコの有用性を語る機会とか一生ないわ、とか。

私はそう考えてしまった1人である…。

でも、この問いを考える意味として考え直したのは、
ハンコの有用性を如何に相手に説くことができるか、
と言う能力をつけるためにあるのではなくて、

一見、価値が無いように見えるものを、
どれだけ素晴らしいものだと思わせられるか

と言うセールストークを磨くことに
繋がるんじゃないかな、と思った。

え、いや、私主婦やし、
と言う人もいるだろう。

そんな人にとっても、
子供や旦那に動いてもらいたい時、

頼みたい面倒な作業を相手が進んでしてくれるような、
そんな表現力を磨くことに繋がるのではないか

と私は思った。

●ハンコの必要性とは

突然その問いかけを松本道弘先生からされたので、
私は結構考え込んでしまった。
(私が考えて黙り込んでいる間も、
先生は気を利かせて話し続けて下さった)

ハンコは確実な証明になるために必要です、
サインよりも確実です。

と私は答えた。

松本先生は頷いて下さったが、
個人的には面白くない意見だなぁと思った。

その後で自分なりに考えたのが、
こんな意見。

お金と言うのは大事なものです。
 
お金と言う大事なものを扱うのに、
お互いに信用できなかったらやり取りすることができません。
 
お互いにこの方なら大丈夫、と言う気持ちがあるからこそ、
銀行の仕事は成り立つのです。
 
ですので実印が必要です。

これは、
明治を代表する女性実業家で、銀行経営にも関わっていた
広岡浅子の伝記の中にあったセリフを少し変えたもので、

これはディベートの中の「火」の役割である、
感情に訴える説得の方法の1つである。

(他にも考えてみた意見があれば、
是非教えてほしいです!)

●ディベートが上手くなった先にあるもの

私自身、そんなに話すことが上手くはないので、
こう言う能力は雲の上だなぁと言う思いでいる。

でも、毎日少しでもこういうことを考える癖がついたら、

いつか本当に必要な時、
本当に大切な誰か・会社を守らないといけない時、

英語であれ日本語であれ
何かしら伝えられるようになるんじゃないかと私は思う。

そう信じて試行錯誤中です…!

オンラインアカデミアに
興味が湧いた方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください