「君が代」の英訳に感動した話

「君が代」なんて言うと、
「右翼かよ」って声が聞こえてきそうですが、

日本の国歌を美しく訳す、
と言う翻訳プロジェクトのお話でございます。

「君が代」って普段意識することはあまりないかもしれませんが、
外国人と関わると、
どんな意味なの?
って聞かれたりして、
ギクッとする経験を何度かしたことがあります。

私自身、天皇陛下と日本と言う国がずっと続きますように、
っていう歌だよと言う説明しか、
海外に行った時にできませんでした。

他国の国歌に比べてダサいな、
と思ったりしていました。

高校~大学くらいの時は、
軍国主義的な国歌だから歌いたくない、
って思っていたこともあります。

さっき、
上のyoutubeの動画で、
松本道弘先生が英訳された歌を初めて聴いたら、
歌詞の意味を全て把握できたわけじゃなかったのですが、
おそらく音の響きで鳥肌が立ちました…。
言葉の響きの美しさに無意識に感動したのだと思います。

そして解説を聞いている間、
ずーっとぽかぽかと温かい気持ちが続きました。

この感動を伝えたくて、
今ブログを書いています。
 
 
この「君が代」の翻訳プロジェクトは、

「いかようにでも解釈できる詩(和歌)だからこそ、
令和の時代にふさわしい〝平和的で美しい解釈〟を生み出すことが
大切だと考えました」

と言うコンセプトの元できたそうです。

何て言うか、
そんな考え方ってアリ…!?
と思いました。
 
確かに戦時中は天皇賛美の軍歌として
歌われていたのは事実なのかもしれません。

だったら解釈を変えればいい。

何て言うか、
翻訳の新たな境地も見させて頂いたように思います。

こちらの記事も是非。

世界一美しい 国歌「君が代」の英訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください