【プロ通訳の思考】「ethical」と「moral」を瞬間的に判断するには

昨日、Ethical investmentに関する
松本道弘先生のお話をみんなで聞いていた。

Ethicalと言えば、
「倫理的」と言う意味で
記憶している人も多いと思う。

じゃあmoral「道徳的」と、
どう違うのか?

日本語では、以下の例文のように、
道徳的も倫理的も混同される。

1.彼は善悪の違いをよく知っている、道徳的な男だ。
2.彼は両親や仲間を裏切らない、道徳的な男だ。

『松本道弘の勝つ英語―シンボルビルディングのすすめ』p.139

でも、英語では明確に使い分けされる。

じゃあ、同時通訳者として、英語話者として、
その使い分けを”一瞬で”どうされているのか、
ちょっとその感覚を垣間見ることができたので、
説明してみたいと思う。

●松本先生の感覚

松本先生は、このように説明された。

あなたのところに、
罪を犯した友人が匿ってくれとやってきた。
あなたは友人だから匿ってあげたいと思う。

“友人だから”が判断基準になる時、
それはethicalな問題になる。

一方、罪を犯したのだからダメではないか、
と考える自分もいる。

その時は、善か悪かが判断基準。
それはmoralな問題だ、とのこと。

なるほどなぁと思ったのだけど、
本番はここから。

「ethicalとは身近なことだ」
とおっしゃる松本先生。

ethicalとは、earth(土)に近く、
人とのengagementがそこにはある。

一瞬で、ethicalのイメージが
頭の中に入ってきた…。

●シンボル・ビルディングの考え方

この考え方は、
松本先生が数十年前から提唱されている
シンボル・ビルディングの考え方に基づく。

以下、youtubeにもEのシンボルの説明があるが、

最初に挙げたこの問い

1.彼は善悪の違いをよく知っている、道徳的な男だ。
2.彼は両親や仲間を裏切らない、道徳的な男だ。

についても、
上のethicalとmoralのシンボルとeのシンボルを掴んていれば、
一瞬で判断できるのではないだろうか?

アルファベットであれ、単語であれ、
それをシンボル、
敢えて言い換えるならばイメージとして
先生は掴んでいる。

この発想で学ぶと、
ありふれた言い方をすれば、
ネイティブレベルの感覚で、

別の言い方をすれば、
瞬時に使い分けができる形で
その言葉を使えるようになると思う。

松本道弘先生とエバンス愛さんが主催する
オンラインアカデミアでは、
更にたくさんのシンボル・ビルディングを見ることができて面白い。

私もシンボル・ビルディングの動画を観ながら、
お勧めのCobuildの英英辞書を片手に、
2人の英語の感覚を勉強中である。。。

シンボル・ビルディングについて学べる
オンラインアカデミアに興味が湧いた方はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください